不眠症対策講座 〜今日から快眠する為にすべきこと〜

TOP

プロフィール

キーワード

管理人の信天翁です。

不眠症ってつらいですよね。私も以前の仕事では不眠が続き大変でした。

不眠には様々な対処法があります。きちんと対応を学んでいきましょう。

不眠症で悩む人は、実はとても多いのです。

一説によると、ナント日本人の2割の方が不眠・不眠症の悩みをお持ちのようです。

眠りたいのに眠れないというのは本当に辛い事です。

不眠に悩む皆さんは様々な不眠症対策を駆使して、睡眠を確保する努力をしていることでしょう。

ですが、不眠症の対策はいろいろとあります。

大事な事は、まずご自身の不眠症の症状と原因を探ってみて、正しい対策をとるようにしましょう。

不眠症対策講座

Sponsored Link

不眠症に悩む仲間へのメッセージ

↓↓ よろしければ応援お願いします m(__)m
人気ブログランキングへ



不眠症で悩む人は、とても多いのです。
一説では、日本人の2割あまりの方が不眠症でお悩みのようです。

不眠症と自覚しなくても、
「なんとなく眠れない」「眠りが浅く疲れがとれない」等の悩みがある方も多いと思います。
みなさん、いろいろな不眠症対策を駆使して、よりよい睡眠の為に努力していることでしょう。

本人にとっては、眠れないというのは本当に辛いですよね!?
不眠症の辛さを、普通に眠れる方には中々理解してもらえないこともストレスとなります。

この情報化社会の中、不眠症に係わる対策法はいろいろとあります。
まずは、自身の不眠症の症状と、その原因を探ってみて、正しい不眠症対策をとるようにしましょう。

では、不眠症の症状とはどんなものでしょうか?

不眠症とは、単に睡眠時間が短いとか寝つきが悪いというだけのものではありません。
十分な睡眠時間はとっているはずなのに、朝、目覚めたときにだるさや眠気を感じたり、そのせいで普段の生活に支障をきたしてしまうものも不眠症と言います。
このだるさや倦怠感、何となくすっきりしない眠気、イライラ感、不安感、肩こりなどの不眠症の症状は、他の病気からくるものとはっきり区別がつかないものも多くあるので注意が必要です。

不眠症対策講座

不眠症の原因とはどんなものでしょうか?

よく言われる原因としては、
  • 喘息や睡眠時無呼吸症候群などの、身体の不調による場合
  • 仕事などの精神的なストレスによる場合
  • うつ病など精神疾患による場合
  • 引越しや旅行・時差などの環境の変化による場合
などがあげられます。


ここからが重要。不眠症の改善、解消法とは?

不眠症対策講座

不眠症対策として行うことは、これらの原因を取り除いてやれば良いという訳です。

不眠症対策を整理してみましょう。

原因が何であれ、結果として自律神経のリズムが狂って眠る時間がきても交感神経が優位になっている状態な訳ですから、対処的ではありますが、これらを解消してあげれば不眠症の症状は改善できるはずです。
体内時間がずれていると思われる場合は、朝、太陽の光を十分に浴びるようにしたり(朝がきたと身体が認識します)、眠る前にはぬるめのお風呂でゆったりと入浴してパジャマに着替えるようにします。

しかし、身体的な問題や、深刻な精神的事項に起因する不眠症の対策はなかなか自分独りでできるものではありません。
特に身体の不調による場合は、医師に積極的に相談しましょう。
時間が許せば睡眠外来を受診して、日程が可能なときに検査入院してみるのも一案でしょう。
できるだけ熟睡できるような処方を施してもらいたいものです。

また精神的なものに由来している不眠症の場合も、まずは専門医の診断をあおぎ、必要であれば睡眠導入剤を処方してもらいましょう。
ただし、導入剤は依存性があるので注意が必要です。医師によく相談してくださいね。

要は、自分で改善できるのは自分が一番リラックスできる環境をつくることが重要なんです。
日中にストレスを為ない事を心掛け、同時に心身ともに適度に疲れることが必要です。

  • 眠る前に刺激の強い映画やテレビやニュースを見ることを避ける
  • ゆったりとした呼吸法をしてみたり軽くストレッチをする
  • 自分にあった眠りやすい寝具を試してみる

不眠症対策は一つ一つは地道な努力ですが、自律神経が整うのにはこうした対策がとても有効なのです。


Templete Produced By 『超時空戦略タイムシフトアフィリエイト』



Sponsored Link

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。