不眠症の人がさけるべき事柄

不眠症対策講座 〜今日から快眠する為にすべきこと〜

プロフィール

キーワード

管理人の信天翁です。

不眠症ってつらいですよね。私も以前の仕事では不眠が続き大変でした。

不眠には様々な対処法があります。きちんと対応を学んでいきましょう。

不眠症で悩む人は、実はとても多いのです。

一説によると、ナント日本人の2割の方が不眠・不眠症の悩みをお持ちのようです。

眠りたいのに眠れないというのは本当に辛い事です。

不眠に悩む皆さんは様々な不眠症対策を駆使して、睡眠を確保する努力をしていることでしょう。

ですが、不眠症の対策はいろいろとあります。

大事な事は、まずご自身の不眠症の症状と原因を探ってみて、正しい対策をとるようにしましょう。

不眠症対策講座

Sponsored Link

不眠症の人がさけるべき事柄

不眠症の人は、眠りたい為に、色々なことをやってしまいます。

眠りたい気持ちは解るのですが、その中には“やってはいけないこと”が含まれている場合も少なくありません。

ちょっと考えてみましょう。


不眠症の原因としては、様々なものがあります。

その一つとして『交感神経の活発化』があげられます。

いわゆる、『脳の興奮状態による不眠症』ですね。

この状態では、無理に寝ようとしても、逆に脳がさらに活性化されてしまうため、余計に眠れなくなってしまいます。

ふとんに入って眠りたいと思えば思うほど、逆に目が冴えてしまって眠れない状態になってしまいます。


では、交感神経の活発化を避ける為には、どうすればいいのでしょうか?

よく云われる事としては

  1. 夜はもちろんの事、昼間もなるべく興奮するような行動は慎むようにしましょう。
  2. 仕事が忙しい場合でも、持ち帰りの仕事はできれば止めるか、早目に切り上げ脳を休めましょう。
  3. パートナーや友人、家族とのケンカも、なるべく控えて下さい。
  4. 夕食後にコーヒーを飲むのは、不眠症が改善されるまで、ホットミルク等に切り替えてみる。
こんなトコロでしょうか…。


また、夜に眠れないと、成人の方では、ついついお酒に手を出してしまいそうですが、ちょっと待って下さい。


アルコール類を飲むと、確かに眠くなったり、よく眠れた気がします。

しかし、実は適量以上のアルコールによる睡眠は、睡眠の質を低下させ、かえって眠りが浅くなってしまうのです。

適度なアルコールの量であれば問題ありませんが、睡眠薬代わりに毎日アルコールを摂取しているうちに、知らず知らずに量が増えていき、結果として、アルコール依存症に陥ってしまう例も少なくありません。

アルコールによる睡眠は、不眠症の改善にはならないと言う認識をし、安易にアルコールに頼る事は避けましょう。


他にも、不眠症の人が避けるべき事項はあるのですが、一例として一般的なことをあげてみました。

Sponsored Link
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。