不眠症に効果のある市販薬

不眠症対策講座 〜今日から快眠する為にすべきこと〜

プロフィール

キーワード

管理人の信天翁です。

不眠症ってつらいですよね。私も以前の仕事では不眠が続き大変でした。

不眠には様々な対処法があります。きちんと対応を学んでいきましょう。

不眠症で悩む人は、実はとても多いのです。

一説によると、ナント日本人の2割の方が不眠・不眠症の悩みをお持ちのようです。

眠りたいのに眠れないというのは本当に辛い事です。

不眠に悩む皆さんは様々な不眠症対策を駆使して、睡眠を確保する努力をしていることでしょう。

ですが、不眠症の対策はいろいろとあります。

大事な事は、まずご自身の不眠症の症状と原因を探ってみて、正しい対策をとるようにしましょう。

不眠症対策講座

Sponsored Link

不眠症に効果のある市販薬

前回、ドリエルについて書いたので、せっかくなので「睡眠改善薬」について書いてみます。

多忙な現代社会のもとでは、脳の興奮作用の異常によって、寝つきが悪い方がとても多いです。
このような睡眠障害に悩む方の増加に合わせるように、「睡眠改善薬」なるものが、市販薬として発売されるようになりました。

最近では、その種類もかなり増えてきました。
もちろん、これらの薬は、いわゆる「睡眠薬」とは、まったく別物です。
これらは、不眠症といっても、比較的症状の軽い方向けの薬です。

例えば

  • ストレスが多くて、いつも寝つきが悪い
  • 気になることがあって、なかなか寝つけない
  • 試験や大事な仕事のある前日などで、緊張してなかなか眠れない
  • 旅行などで、普段と違った環境になると眠れなくなってしまう
  • 生活が不規則な為、睡眠時間がバラバラになってしまう
  • 眠りが浅い、途中で目が覚めてしまう

なんて方が対象になると思います。

ですから、本格的に眠れない方には、効果はないようです。
「眠らないといけないような日に限って、興奮して目が冴えてしまう」なんて方には効果が高い薬といえるでしょう。

このような軽い不眠症に効くお薬は、製薬各社から販売されており、ドリエル、ネオデイ、マイレスト、カローミン、ナイトール、グスリーP、おやすみーな、ドリーネンなど、商品名も様々です。

エスエス製薬から発売されている「ドリエル」は、効果が高いと人気のようです。
しかし、実際はこれらの製品の内容成分に大差はなく、効果はどれも似たり寄ったりでしょう。
これらの薬の主成分である「塩酸ジフェンヒドラミン」の1回量が、どの製品も50ミリグラムなので、違いといえば、形などの特徴や価格くらいと考えられます。

その中で、唯一、特徴の違いがわかりやすいのは、ドリエルのEXですね。
このドリエルEXは、ラベンダーの香りでリラックス効果があるそうです。

以上のことから、価格面や飲みやすさなど、自分の好みの物を選択すれば、どれを選んでも、同じような効果が期待できるといえるでしょう。
これらの製品は、安全性は高いとはいえ、お薬です。
用法・容量などをしっかり確認の上、服用してください。



以下に、簡単に注意事項を書いておきます。

1.以下の方は服用してはいけません。
  • 妊婦、あるいは妊娠していると思われる方
  • 15歳未満の子供
  • 日常的に不眠の方、不眠症の診断を受けている方
2.以下の医薬品との併用はしてはいけません。
ほかの睡眠改善薬、風邪薬、解熱鎮痛薬、鎮咳去痰薬、抗ヒスタミン剤を含む内服薬(鼻炎用内服薬、乗物酔い薬、アレルギー用薬)

3.服用後は、乗物や機械類の運転操作をしてはいけません。眠気のため事故を起こす危険性があります。

4.授乳中の方は服用しないか、服用する場合は授乳を避けます。

5.服用時は飲酒してはいけません。

6.一時的な不眠の時にのみ使用し、連用してはいけません。意図しない症状があらわれる可能性があります。

くれぐれも、服用に際しては、各製品に添付されている説明書の記載をよくお読みになり、用法を守ってくださいね。

Sponsored Link
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。