眠りが浅い時の対処法

不眠症対策講座 〜今日から快眠する為にすべきこと〜

プロフィール

キーワード

管理人の信天翁です。

不眠症ってつらいですよね。私も以前の仕事では不眠が続き大変でした。

不眠には様々な対処法があります。きちんと対応を学んでいきましょう。

不眠症で悩む人は、実はとても多いのです。

一説によると、ナント日本人の2割の方が不眠・不眠症の悩みをお持ちのようです。

眠りたいのに眠れないというのは本当に辛い事です。

不眠に悩む皆さんは様々な不眠症対策を駆使して、睡眠を確保する努力をしていることでしょう。

ですが、不眠症の対策はいろいろとあります。

大事な事は、まずご自身の不眠症の症状と原因を探ってみて、正しい対策をとるようにしましょう。

不眠症対策講座

Sponsored Link

眠りが浅い時の対処法

よく知られている事ですが、睡眠というのは生き物の三大欲求の一つです。
なぜなら、人間は、眠らなければ生きていけないから。

簡単に説明しておきます。 興味があったらググってください。

マスロー(A.H.Maslow,1908-1970)は有名な心理学者で、人間が持つ内面的欲求を五段階に体系化した人です(故にマスローの欲求五段階説とも言われます)。
心理学を勉強された方はよくご存じでしょう。
実は経営学における動機づけ理論(motivation theory)の基礎にもなっていたりします。

人間の持つ欲求は、生理的欲求−安全への欲求−社会的欲求−自我欲求−自己実現欲求といった形で、低次元の欲求から高次元の欲求へと5つの階層を形成していて、低次元の欲求が満たされて、はじめて高次元の欲求へと移行するというものです。

ここで基本となるのが、生理的欲求と言われるもので、いわゆる人間の三大欲求と言われる食欲・性欲・睡眠欲です。

しかし最近は、毎日きちんと夜に寝て、朝起きるといった必要最低限の睡眠をとっていても、

  • 寝ても寝た気がしない
  • 昼間になると眠くなる
  • 身体がだるい
などと感じる人が多くいるようです。

これは不眠症の症状の一つです。
こういった方は眠りが浅い傾向にあるんですね。

眠りが浅いと、肉体的な疲労が取れない事にも困りますが、精神的にもストレスを感じてしまう事にもなります。

では、眠りが浅くなる原因とは何でしょうか?

多くの方は、昼間働いているたり、学校で勉強しているでしょう。
昼間働きすぎていると、脳の神経が活発に働き、活発に働いたままの状態で眠りにつく事になります。
すると寝ている間に、うまく神経を休ませる事ができなくなってしまうのです。

これが眠りの浅くなる主な原因と言えるでしょう。

では、「どうすれば1日スッキリと過ごせるのか?」という疑問が出てきますよね。

簡単に出来る対策法ですが、まずは寝る前にリラックスする事が大切です。

例えば、寝る前に牛乳やハーブティーなどを飲むのも有効なようです。
冷たい飲み物は、神経を刺激してしまいますから、ここは、温かい物がベストです。
温かい飲み物を、就寝前にゆっくり飲む事でリラックスできます。
興奮をやわらげるだけではなく、身体も温まるので、自然と眠れるようになりますよ。

逆に、コーヒー、紅茶、ウーロン茶などといった飲み物は、たとえ温かくてもカフェインが入っているので、脳が活発になり、逆効果になってしまう場合が考えられます。

寝る前には、そのような飲み物を飲む事は避けるようにしましょう。

Sponsored Link
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。